土星人プラス2018年(平成30年)の運勢~実践的解釈

2021年1月23日

細木数子の六星占術・土星人プラスの2018年(平成30年)の運勢は、「停止」です。

運勢が停滞する大殺界の、その真ん中の運勢が「停止」です。

土星人プラスの人にとって、2018年の運勢は「停滞の中の停滞」ということになります。

もっとも、これは運勢の話であって、運勢は天気のようなものと思えば、そんなにビビることもないでしょう。

恋愛・結婚運

六星占術ファンなら、大殺界中の恋愛は進展せず、結婚などもってのほか・・・みたいに思っているかもしれません。

ですが、だからといって恋愛や結婚から目をそむけるわけにはいかないでしょう。

そして、仮にうまくいかないかもしれなくても、「空白期間」を作るよりもはるかにマシなはず。

恋愛・結婚の感覚を忘れてしまうと、取り戻すのが大変ですからね。

世界中で、土星人プラスの人は12人に1人存在するのです。

その中で、みんながみんな、恋愛や結婚で失敗するでしょうか?

そんなことはないはずです。

どうしても大殺界「停止」が気になる人は、それを忘れさせるに十分なパワーを味方にしましょう(参考>>ご利益のある護符)。

仕事運

仕事運を気にしている土星人プラスの人は、2018年の運勢が「停止」と知り、意気消沈してしまったでしょうか?

そこまでではなくても、「何となく嫌な感じ」になっている人は多いかもしれませんね。

でも、「停止」とはあなたの外側にある「流れ」が止まっているに過ぎず、あなた自身が停止してしまっては何もなりません。

人の人生は長いようで短いもの。

大殺界にお付き合いしている場合ではないのです。

仕事(勉強や試験などを含む)で「こうなりたい」というものがあるのでしたら、素直にそれを願うことです。

そして、それに向かって真っすぐに進んで行く・・・

それをしていれば、きっと「停止」なんて運勢のことは忘れてしまうでしょう。

それでも「気になる」人は、それを忘れさせるに十分なパワーを味方にしましょう(参考>>ご利益のある護符)。