火星人プラス2016年(平成28年)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・火星人プラスの2016年(平成28年)の運勢は、「種子」です。

3年間続いた大殺界が終わり、2016年から新たな12年間が始まります。

「種子」の解釈と心がまえ

火星人プラスの2016年の運勢「種子」ですが、その字のごとく、「物事のスタート」を暗示する運勢ということになります。

もう少し突っ込んだ解釈をすれば、この時期に何かをスタートすると、その後の「緑生」、「立花」という運勢が背中を押してくれるので、2016年に始めたことが後に実を結ぶ可能性は大ということになります。

また、「種子」は「減退」の次、つまり、大殺界明けの運勢ということでもあり、大殺界中に凹んでいたものが、この「種子」の時に元通りになる・・・ということもあるかもしれませんね・・・

いずれにしても、希望にあふれて将来を、未来を見据えて力強く歩みを踏み出すべき時期に来たということになりましょう。

恋愛・結婚運

2016年、「さあ、これから!」という時期に火星人プラスの人はあるわけですが、このことは恋愛や結婚についても例外ではありません。

特に、過去3年間、「彼氏・彼女いない歴」を重ねていたような人は、ここらで素敵な人との出会いを期待してよいでしょう。

また、そうあるべきともいえそうです。

「そうは言っても、なかなかそういうきっかけがつかめない」という人も多いでしょうが、そういう人は、「誰かから好きになってもらう」ことを待つのではなく、「自分が誰かを好きになること」から始めるべきです。

こう言うと、「どうせ自分が好きになった人が、自分のことを好きになってくれるわけないし・・・」のように言う人もいるかもしれませんが、そのように自分から恋愛運の流入に鍵をかけてしまうのではなく、「何とかしてその人と・・・」という意識を持つことで恋愛体質になることが最も大切なことです。

その気持ちが奇跡を呼ぶこともあれば、仮にその恋愛が頓挫しても、次の恋愛につながっていくというものです。

火星人プラスの人にとって、2016年は失敗を恐れる年ではなく、何事にもチャレンジ精神をもってあたる年だということを再認識しましょう。

また、既に彼氏・彼女がいる火星人プラスの人は、この2016年は、二人にとって「新たなスタートの年」にするチャンスといえるでしょう。

二人の関係が、この2016年に目に見えて次の段階に進んでいくということは十分に考えられるでしょうし、また、そうなるように意識して何事にもあたっていく必要があるでしょう。

つまり、「結婚」に向かって動き出すのがこの2016年ということです。

二人の結婚を妨げているものは何でしょうか?

その克服に向けて、力強い一歩を歩み出せますか?

それが、火星人プラスのあなたの2016年のテーマです。