金星人マイナス2018年(平成30年)の運勢~実践的解釈

2021年1月23日

細木数子の六星占術・金星人マイナスの2018年(平成30年)の運勢は、「減退」です。

金星人マイナスが2016年に突入した「大殺界」も2018年で3年目。

もう大殺界に慣れてきた金星人マイナスの人は、それを恐ろしいものとは思わなくなっているかもしれませんが、アゲインストな状況が当たり前になり過ぎて、人生をあきらめてしまったりしていませんか?

恋愛・結婚運

独身の金星人マイナスの人で、まだ人生をあきらめていない人は、恋愛や結婚に無関心ではいられないでしょう。

ですが、あいにく2018年の運勢は「減退」といまだ「大殺界」中。

「大殺界が開けるまでは恋愛禁止」なんて本気で考えている人は少ないかもしれませんが、「今一つ気分が乗って行かない」なんてことはあるかもしれません。

でも、大殺界が一番怖いのは、消極的な自分を肯定するクセがついてしまいがちなこと。

そうならないためにも、大殺界など忘れて、自分の本能からくる願望に素直に従うべきでしょう。

どうしても大殺界が気になって払しょくできないということなら、別の方向からパワーの後押しを・・・(参考:ご利益のある護符)。

仕事運

金星人マイナスの人で、仕事運(勉強や試験運含む)が気になる人は、「人生をもっと良くしたい」という思いを抱いていることでしょう。

そんな人にとっては、占いの運勢がとっても気になるでしょうし、六星占術の運勢が「減退」と聞き、ちょっとナーバスになってしまうかもしれませんね。

あなたがここで大殺界のことをきっぱり忘れ去ることができる人ならそれでいいでしょう。

でも、ちょっとでも気になるのでしたら、それがいざという時の判断に迷いを生むことになってしまうかもしれません。

そうならないために、気持ちをグッと高めるならコチラ>>ご利益のある護符