鈴木京香(金星人+)と長谷川博巳(水星人-)の六星占術上の相性

2021年1月24日

2010年のNHKドラマ10で好評を博した「セカンドバージン」で主演を演じた2人、鈴木京香と長谷川博巳。

人も羨む9歳差の年上女と年下男の恋のゆくへは・・・?

スポンサードリンク

「同棲解消」でどうなる?

最近、「同棲解消」などと報じられはしたものの、どうやら破局ということではない様子。

家庭の事情等々で住まいは別にしているものの、住んでいる場所は近場とのことで、やはり、二人の愛の絆は相当に固そうだ。

果たして、この二人の運命は?

六星占術上の相性からひも解いていくと・・・

鈴木京香は金星人プラス

鈴木京香は、1968年5月31日生まれということで、寅年生まれ金星人+(プラス)

血液型はA型。

長谷川博巳は水星人マイナス

長谷川博巳は、1977年3月7日生まれということで、巳年生まれ水星人-(マイナス)

血液型はA型。

金星人プラスと巳年生まれの相性

金星人プラスの鈴木京香から見た「巳年生まれ」長谷川博巳との相性は、「財成」。

六星占術上は、鈴木京香が「玉の輿に乗る」ような相性ということになるのが面白いところ。

水星人マイナスと寅年生まれの相性

水星人マイナスの長谷川博巳から見た「寅年生まれ」鈴木京香との相性は、「減退」。

長谷川にとって、鈴木は「大殺界」な相性ということになるが・・・

交際を始めた時の運勢

二人が交際を始めたのは2010年と考えられる。

この年の金星人プラスの鈴木京香の運勢は、「達成」。

一方、水星人マイナスの長谷川博巳の運勢は、「減退」。

長谷川が大殺界だった2010年、鈴木の運勢は最高潮にあった。

その後、長谷川の活動の場が広がったことなどに鑑みれば、「自身の大殺界を、恋人の運勢がカバーした」事例と見ることができるか・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク