木星人マイナス2016年(平成28年)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・木星人マイナス2016年(平成28年)の運勢は、「健弱」です。

人生山あり谷ありと言いますが、木星人マイナスの2016年は、「小さな谷」ということになりそうです。

「健弱」の解釈と心がまえ

「健弱」という運勢。健康の「健」に「弱い」と書くわけですから、およそありがたい運勢でないことは分かりますよね。

詳細は、細木数子師の本を読むことでさらに理解が深まることは確実ですが、まあ、「健康上の問題が何かとネックになる時期」というくらいは想像できるでしょう。

この「健弱」は、六星占術上「小殺界」という位置づけになっており、5つあるアゲインストな運勢の中ではもっとも弱いものと捉えることができます。

とはいえ、日頃、健康に弱点を抱えている木星人マイナスの人は、この2016年は特に慎重な判断が必要になってくるでしょう。

また、これといった健康上の問題をこれまで抱えてこなかった人は、2016年は要注意。

なかなかイメージしにくいでしょうが、健康を失って初めて健康のありがたさに気づく・・・というのではなく、そうなる前にリスクを避ける意識を持っておくべきでしょう。

恋愛・結婚運は?

「健弱」という運勢の下での恋愛運・結婚運とはどんなものなのでしょうか・・・。

健康上の不調が即、恋愛や結婚話の進展を損ねるとは必ずしも言えないと思われますが、逆に、恋愛や結婚を妨げる事情が発生したことによって心身が疲弊する・・・なんてことはあり得るのではないでしょうか?

「運」とは「運ぶ」という字。一つの結果に向かう流れのことです。

ですから、心身の健康上の不調が原因となってあなたの恋を邪魔することもあれば、逆に、恋の行き詰まりによって心身の不調がもたらされるということもあるかもしれません。

もっとも、悩みの伴わない恋愛も結婚もこの世には存在しません

「健弱」の後には「達成」が訪れるということを心の支えに乗りきりましょう。

仕事運、勉強運は?

木星人マイナスの2016年の運勢が「健弱」と聞いて、あなたは何を思ったでしょうか?

今あなたの中心にあるものが何であるかにもよるでしょうが、「ヤバイ」と思った人もいれば「別に大したことないな」と思った人もいるでしょう。

ただ、確かなことは、六星占術は、いたずらに不安を煽るようなものでもなければ、死刑宣告をするようなものでもないということです。

確かに、「健弱」にはそれなりの根拠・統計があってそのような暗示がなされてはいますが、それは、必ずそうなる運命であると言っているわけではありません

分からなければ、「目に見えない天気」が「健弱」なのだ・・・とでも考えればよいでしょう。

雨の日には雨の日なりの、風の強い日には風の強い日なりの過ごし方があり、対応策をとっているでしょう?

2016年は「健弱」という天気。「健弱」ならば「健弱」なりの過ごし方というのがあるはずで、それを心がけていれば、あなたらしさや、あなたが本来持っている力を削がれることはないでしょう。