水星人プラス2017年(平成29年)の運勢~実践的解釈

2021年1月23日

細木数子の六星占術・水星人プラスの2017年(平成29年)の運勢は、「財成」です。

水星人プラスにとって、2017年は「お金を儲ける年」ということになりましょう。

あなたの場合、どんな方法が一番自分に合っているでしょうか?

自分でビジネスを始める人(既に始めている人)、お金持ちの人やお金持ちになりそうな人との恋愛・結婚を狙う人・・・などなど、さまざまでしょうが・・・

恋愛・結婚運

これまで、「恋愛・結婚」と「お金」は別物と思っていた水星人プラスの人も、2017年は、ちょっと違うことになるかもしれません。

恋愛・結婚を幸せなものにするためには、ある程度のお金は必要なはずです。

「有り余るほどのお金は必要ではない」という考えは勿論あるでしょうが、多くの人が懸念すべきは、「あり過ぎるお金」よりは、「足りないお金」の方でしょう。

この点、2017年の水星人プラスの運勢は「財成」ですから、お金の面では幸運に恵まれてしかるべき・・・ということになります。

「お金に恵まれたことで、恋愛・結婚がうまくいく」人もいれば、「恋愛・結婚がうまく行ったことで、お金の面でも恵まれることになる」人もいるでしょう。

あなたの場合、どちらの可能性が高そうでしょうか?

そこを狙っていきましょう。

仕事運

「財成」という運勢の下では当然、仕事運の好調が予想されるところですよね。

勿論、「お金とは無縁の仕事」も仕事のうちですが、「情けは人のためならず」の言葉通り、人の幸せを願って働く人には、巡り巡って自分にも福が訪れるというものです。

実際、ビジネスがうまく行く人というのは、まずは「人のために働く」という意識を強く持っているようですからね・・・

・・・というわけで、「財成」の2017年だからこそ、「人のために働く」という意識を持つと、仕事運は上昇し、結果としてお金にも恵まれることになる・・・そんなところではないでしょうか?