天王星人プラス2016年(平成28年)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・天王星人プラスの2016年(平成28年)の運勢は、「立花」です。

これまで積み重ねてきたことが、一つの形となって現れそうな、そんな時期になります。

スポンサードリンク

「立花」の解釈と心がまえ

天王星人プラスの2016年の運勢「立花」ですが、「花」という字があるように、まだ「実」はならせないまでも、今後、実になっていくであろう花を咲かせることができる、そんな時期にあることを暗示しています。

前々年(2014年)は「種子」、前年は「緑生」と来て、2016年は「立花」。

あなたにどんな風が吹いているのか、何となく分かりますよね?

恋愛・結婚運

2016年、「何かいいことがありそうだ」という時期に天王星人プラスの人はあるわけですが、恋愛や結婚の話に関しても勿論それは当てはまります。

彼氏・彼女がいる人の場合、ふたりの関係が一段と強くなっていく時期にあるはずです。

「愛し、愛される」ことの喜びを感じることができる運勢にあるわけですから、そういう流れに逆らわないようにふるまいましょう。

また、彼氏・彼女がいない人の場合、これまでの「努力」が花を咲かせるチャンスです。

天王星人プラスの人の中には、恋愛に関して、ちょっと自信を失ってしまっている人もいるかもしれませんが、「きっと、近いうちに、恋の芽生えがある」と信じて、恋愛体質を維持するように心がけましょう。

気持ちの張りをキープするために、今こそ、おまじないや護符などを利用することも考えましょう。

仕事運・勉強運

運勢が「立花」になる天王星人プラスの2016年ですが、仕事運や勉強運が気になっている人にとっては、チャンス運気ということになります。

仕事であれ、勉強であれ、その人の「人生の目標」は簡単に達成されるものではないでしょうが、そこに至るために越えるべき比較的小さなハードルは、できるだけ早くクリアしていかなければいけません。

この2016年は、そういった意味での「比較的小さなハードル」をクリアしていかれる勢いがあるはずです。

もっとも、一番大事なことは、運勢をあてにするのではなく、自力で解決することです。

その気持ちがない人は、せっかくの運勢からも見捨てられてしまうでしょう。

あなたなら大丈夫ですよね?

スポンサードリンク

スポンサードリンク