土星人マイナス2016年(平成28年)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・土星人マイナス2016年(平成28年)の運勢は、「財成」です。

お金を含め、あなたにとっての「宝物」を手に入れる可能性があります。

「財成」の解釈と心がまえ

土星人マイナス2016年の運勢「財成」ですが、「財」という字が意味するところは、勿論、財産の「財」です。

運勢上、財産上の幸運に恵まれ安い時期に来たということですね。

「あともう少し収入があれば・・・」と願っている人は、その「もう少しの収入」がアップするようなきっかけをつかむことができるかもしれません。

では、財産以外の点についてはダメなのか? というとそうではないでしょう。

例えば、「子供が欲しい」という土星人マイナスの人は、子宝に恵まれる可能性も高いでしょう。

この「財成」の下では、「手に入れたいものが手に入る可能性が高い」とでも解釈したらよいのではないでしょうか?

恋愛・結婚運は?

2016年の運勢が「財成」の土星人マイナスの人にとって、恋愛や結婚事情はどうなのでしょうね?

「財成」という運勢を「お金やモノの運勢」と狭く捉えてしまうと、恋愛や結婚にまではその効果が波及して来ないようにも思われますが、決してそんなことではないはず。

人が恋愛や結婚に対して強い関心を抱くということは、自分自身の経済状況がある程度以上に安定していることが前提となっているはず。

自分自身の明日の生活がどうなるか分からないような人は、そもそも、異性に関心を寄せている場合ではないわけで、「恋愛など二の次」になっているはずです。

逆に言えば、経済状況の充実・安定は、恋愛や結婚成就の底力になることは間違いありません。

これまで、恋愛事情、結婚事情で後手を踏んでしまっている土星人マイナスの人も、この2016年はちょっと違う展開があるかもしれませんよ。

仕事運、勉強運は?

仕事運、勉強運が気になる土星人マイナスの人は、この2016年は「チャンス」と心得ましょう。

「財成」の年は金運がいい・・・ということは、六星占術に興味を持っている人なら誰しも知っていることでしょうが、「金運がいい」とは、何も、タナボタ的な幸運に恵まれるばかりではないはず。

「宝くじは買わないと当たらない」と言われていますが、幸運にはそこに至るまでのプロセスが必ずあるわけで、あなたにとって、勉強することが財産を 得るためのプロセスの一つであるならば、「財成」の2016年に勉強したことは、財産形成に直接結び付く可能性が高いということになりましょう。

仕事運についても同様で、土星人マイナスのあなたにとっての2016年の仕事は、「金になる仕事」になる可能性が高いということです。

2016年は、「目の前にあるワークがお金に変わる」と信じて、魂込めて取り組むようにしましょう。