土星人プラス2016年(平成28)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・土星人プラスの2016年(平成28年)の運勢は、「安定」です。

心身ともに充実した日々を送ることができるはずです。

「安定」の解釈と心がまえ

土星人プラスの2016年の運勢「安定」ですが、その字のごとく、運勢は「安定」していると考えていいでしょう。

「運勢が安定している」とはどういうことかと言うと、「不確定要素が少ない」、つまり、予見可能性が高い状態にあるということです。

例えて言うなら、飛行機に乗った時、特に何事もなく、無事、目的地に到達することができる・・・そんなイメージでしょうか。

中には、「それではもの足りない」「自分には奇跡が起きてくれなければ困るんだ」という人もいるかもしれません。

・・・が、残念ながら、あなたの考えているような「奇跡が起こる運勢」などというものは、六星占術の12の運気の中にはないと心得ましょう。

あなたは、「あなた以上の存在」にはなれないのです。

2016年の「安定」においては、「あなたがあなたらしくいることができる」というもの。

もしも、あなた自身が「現在の自分」に満足していないのなら、それを変えるのは運勢ではなく、あなた自身です

恋愛・結婚運

2016年は、充実した日々を送れそうな環境にある土星人プラスですが、恋愛や結婚について、まだ満足な状態になっていない人はどうしましょうか?

「安定」という運勢は、「自分の努力と無縁のところで割を食うことがない」という意味で「安定」していると考えるべきで、必ずしも、「現在の不満な状況が固定化してしまう」という意味に捉える必要はないでしょう。

恋愛や結婚についていえば、「どうしても現状から抜け出したい」という願いがあるならば、何かをしなければなりません。

出会いがないのならば、出会いの確率を増やすための行動を取るべきでしょう。

片思いの人がいるのなら、自分の存在を相手に意識させるための努力をするとか、場合によっては、何らかのおまじないをしたり、護符のようなものを身につけたりすべきでしょう。

「安定」の運勢の下では、「やっただけの結果が出やすい」ものと心得ましょう。

仕事運・勉強運

土星人プラスの2016年の運勢「安定」は、仕事や勉強に一生懸命な人にとって喜ばしいものなはずです。

逆に、「安定」と聞いて、「エ~ッ」となってしまった人は、「安定」の意味を勘違いしているか、はたまた、単なる怠け者でしょう。

目的達成への道は「舗装された道路」で、「天気もいい」・・・そういったコンディションが「安定」という運勢だと心得ましょう。

つまり、あとは、あなた次第ということです。

あと、あまり聞きたくない話でしょうが、「安定」の次の運勢は「陰影」で、大殺界に突入します。

「安定」のうちに、到達すべき場所に到達すること。道草を食っている場合ではありませんよ!