火星人マイナス2017年(平成29年)の運勢~実践的解釈

2021年1月23日

細木数子の六星占術・火星人マイナス2017年(平成29年)の運勢は、「種子」です。

大殺界が終わりました!

大殺界の終焉

火星人マイナスの場合、2016年までの3年間は「大殺界」でした。

なので、この3年間は、「にっちもさっちもいかない」状態だったのではないでしょうか?

大殺界であることを知って過ごした人と、それを知らずに過ごした人がいたことでしょうが、振り返ってみれば、「やっぱり・・・」と思い当たる節が、一つや二つはあるはずです。

でも、2017年からは運勢も一転。

これまでのように、不条理なまでに物事がうまく行かない・・・なんてことはないでしょう。

恋愛・結婚運

何はともあれ、自分の意思だけではなかなかコントロールができないのが恋愛や結婚というもの。

どんなにベストを尽くしても報われるとは限らず、逆に、ある日、思いがけずに芽生えることがあるのが恋の始まりだったりするのですよね・・・

火星人マイナスの場合、2017年は「種子」という、まっさらな状態の運勢にあります。

「ありのままの自分」が今、本当に望んでいる恋愛・結婚とはどんなものなのか?

心を無にして、自分に正直になる・・・

そこから新たな出会いや展開に期待しましょう。

仕事運

「運のせいにはしない」と思っても、運がないせいで、本来のあるべき姿になっていない・・・

もしも、ここ2、3年の間にそんなことを感じることがあったのなら、2017年は「本来の姿奪還」のために立ち上がらなければなりません。

火星人マイナスの場合、この2017年から新しい12年の周期に入るわけですから、過去と決別し、気持ちも新たに自分自身をアップデートしていくことが肝要です。

今置かれている状況が非常に重く、解決不能と思われる場合は、思い切って環境を変えることも検討しなければならないでしょう。

とはいっても、後先のことを考えずに決断したり行動するべきではありません。

「種子」という運勢は、決して「追い風」といえるような強いものではなく、これまでの逆風が収まった「無風状態」程度の運勢と心得るべきです。

その中で、まっさらな自分が今後進んで行くべき方向はどちらか?

それをはっきりさせるべき時が来ているのです。