金星人マイナス2017年(平成29年)の運勢~実践的解釈

2021年1月23日

細木数子の六星占術・金星人マイナスの2017年(平成29年)の運勢は、「停止」です。

運勢が3期続けて停滞する大殺界の、その真ん中の運勢が「停止」です。

金星人マイナスの人にとって、2017年の運勢は「停滞の中の停滞」。

とにかく、風が吹かない場所で凧を上げようとするような、そんなイライラする状況ということになりそうです。

あくまで、「六星占術上は」ですが・・・。

恋愛・結婚運

これまで六星占術とともに歩んできた金星人マイナスの人は、「大殺界中の恋愛はうまく進展しない」「大殺界中は結婚は避けた方がよい」といった教えを何度となく聞いてきたことでしょう。

中には、六星占術の運勢をことさらに意識して、恋活や婚活に対して消極的になっていた・・・なんて人もいるかもしれません。

でも、恋愛や結婚(特に結婚)は、年齢が若いというだけで、大きなアドバンテージになることが多々あるものです。

六星占術を理由に二の足を踏んでいたりしたら、チャンスはどんどん少なくなっていきます。

幸い、今のあなたには、恋愛や結婚の願望があるでしょうから、その願望がなくならない限り可能性はあるでしょう。

大殺界のど真ん中ということを忘れろと言っても無理でしょうが、大殺界ならではの謙虚な振る舞い、清楚ないでたち・・・といった点は実践すべきでしょう。

そして、そういった意識やふるまいが、あなたの「大人度」を高め、結果、恋愛や結婚にプラスに作用するはず・・・と心がけてはどうでしょう?

仕事運

仕事運を気にしている金星人マイナスのあなたは、2017年の運勢が「停止」と知り、沈んだ気分になってしまったでしょうか?

確かに、「達成」とか「財成」のような景気のいい運勢ならば、それだけで気分も乗ってくるというものかもしれませんが、「停止」には「停止」なりの有意義な面があると解釈して、気持ちを直してみてはどうでしょう?

運勢が「停止」ということは、すなわち、「あなたの味方になるような風は吹かない」ということです。

別の言い方をすれば、運を頼ったり、誰かのお情けを期待したり・・・といった甘えは厳禁ということですが、そういう意識を持つことで、却って、これまで以上の飛躍ができるかもしれません。

世の中、自分が金星人マイナスであることを知らずに2017年を過ごす金星人マイナスの人は、5万といるわけです。

そういう人の中に、しっかりとした意識を持ち、大人としての振る舞いをする人は、必ずいるはずです。

そして、そういう人には、きっとそれなりの評価や結果がついてくるものです。

金星人マイナスのあなたの2017年は、そういった意味で、「本来のあなたらしさを磨く年」にすることができるのではないでしょうか?