金星人マイナス2016年(平成28年)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・金星人マイナス2016年(平成28年)の運勢は、「陰影」です。

昨年の穏やかさからは急変。「こんなハズでは・・・」という場面に何度も出くわすかも・・・?

陰影」の解釈と心がまえ

金星人マイナス2016年の運勢「陰影」は、大殺界突入の運勢。

「陰影」というだけあって、暗い影が差しこんでくるような、イヤ~な運勢ですね。

おそらく、年の始めのうちは、まだ昨年の「安定」の余韻からか、それほど大殺界を自覚するようなことにはならないでしょう。

でも、昨年までは通用していたことが通用しなくなったり、これまで特に気に留めていなかったことの中から、重大な欠陥が見つかったり・・・と、徐々に大殺界の世界に入っていくことを認識せざるをえなくなるでしょう。

そんな大殺界ですが、「大殺界の何たるか」について、まだよく分かっていないという人は、一度、細木数子師の書籍等で学習しておくと安心です。

逆に、大殺界から目をそむけるようなことはしないほうがよいでしょう。

恋愛・結婚運は?

金星人マイナスの人にとって、2016年の運勢「陰影」は、恋愛や結婚に関してもやっかいな運勢です。

特に、彼氏・彼女とこれまでは順調に行っていた人も、この2016年にはこれまでになかった問題が生じたり、これまで潜在していた衝突が顕在化したり・・・と、「これまでとは違う」段階に入って行く可能性が高いでしょう。

でも、このことが即、破局の前触れなどと思う必要はありません。

恋愛には必ずそういう時が訪れるわけで、ここでこの恋愛が本物かどうかが試されることになるわけです。

六星占術に詳しい人は、自分の星の運勢が大殺界に突入しただけで、何もかも悪く考えてしまいがちですが、世の中、大殺界のことなど何も知らずに過ごしている人の方が圧倒的に多いはずです。

彼らのあっけらかんとした姿を、時には見習いましょう。

仕事運、勉強運は?

仕事運、勉強運を一番気にしている金星人マイナスの人の場合は、これから3年間は大殺界との闘いになります。

過去、大殺界を意識しながらその時期を過ごした経験のある人は、大殺界中は、なかなか厳しい現実に直面した記憶があるのではないでしょうか?

人によっては、大殺界での判断が原因で、その後、人生が思わぬ方向に進んでしまった・・・なんてこともあるかもしれません。

ただ、ここで間違ってはいけないのは、「何でもかんでも大殺界のせい」にしてしまうと、それこそ、大殺界以上の深みにはまってしまうかもしれないということです。

人間、大殺界のことなど知らなくても、大抵は生きて行けるものです。

ただ、たった一度しかない人生、「運が悪かった」で終わらせるわけにはいきません。

そういった、自分の努力とは別のところで人生が終わってしまうようなことがないために、大殺界を把握するのですよね?

2016年は、運を頼ることができません。

始めから運をあてにしなければ、「運が悪かった」という言い訳をしないでも済むわけです。

金星人マイナスのあなたが2016年に心がけるべきことは、運がなくても負けないだけの圧倒的な実力を身につけるということです。