金星人プラス2016年(平成28年)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・金星人プラスの2016年(平成28年)の運勢は、「停止」です。

金星人プラスの人にとって2016年は、運からは完全に見放された1年になることでしょう。

「停止」の解釈と心がまえ


金星人プラスの2016年の運勢「停止」ですが、六星占術が把握している12の運勢のうちでも最悪とされている運勢です。

勿論、大殺界中の運勢で、3期ある大殺界のど真ん中にあります。

「停止」という運勢の名前からも、この時期がいかに厳しいものかは想像に難くないですね。

もしもあなたが、「雨の日の過ごし方」は知っていても、「大殺界中の過ごし方」は知らないならば、この機会にそれがどんなものなのか、知っておいて損はないでしょう。

恋愛・結婚運

2016年の運勢「停止」の中にある金星人プラスの人が、恋愛や結婚を成就させることは不可能なのでしょうか?

六星占術では、「大殺界中は就職や結婚はすべきではない」というセオリーがあって、そのことを重く捉えている人も少なくないようですが、まず思い出すべきことは、六星占術は、人を幸せにするための占いであって、人を絶望させたりあきらめさせたりするための占いではないということです。

その上で、運勢という宇宙的エネルギーの流れを把握することで、いわば「確率を上げる」ことができるのが六星占術というものだと認識しましょう。

まず、常識的に考え、常識的にふるまうこと・・・それをせずに、「大殺界だから」「停止だから」と、必要以上に運勢を意識するのは自分を苦しめるだけで、何のための六星占術か分からなくなってしまいます。

「停止」という運勢は、自分への戒めとして機能させるべきであって、時々の判断要素に組み入れるべきものではありません。

異性を愛し、愛されるということが恋愛・結婚の基本中の基本です。

大殺界をことのほか恐れてしまっている人は、運勢以前の問題で運勢を介在させることなどないように注意しましょう。

仕事運・勉強運

金星人プラスにとっての2016年の運勢「停止」は、当然のことながら、仕事運や勉強運にも作用してくるでしょう。

少なくとも、「運に恵まれた」などということは全く期待できないということです。

さて、このような運勢と知ったあなたは、この2016年をどのように過ごしますか?

金星人プラスの人の中には、重要な場面を迎えている人も少なくないでしょう。

「大殺界中は就職や転職は避けるべき」というのが六星占術のセオリーだと知ってはいても、そんなものに振り回されてはいけません。

大殺界中の過ごし方で一番いけないのは、大殺界ということを意識しすぎて自滅してしまうことです。

大殺界のど真ん中にいる今だからこそ、大殺界ということを少しだけ忘れ、「運が味方しないのだから、何事も丁寧に・・・」という意識を持ちましょう。