金星人プラス2017年(平成29年)の運勢~実践的解釈

2021年1月23日

細木数子の六星占術・金星人プラスの2017年(平成29年)の運勢は、「減退」です。

金星人プラスが2015年に突入した「大殺界」も2017年で3年目。

最後の大殺界「減退」が金星人プラスの2017年の運勢です。

金星人プラスのあなたにとって、2017年はどんな年にしたいでしょうか?

六星占術を日々の生活に生かすために、実践的解釈をしてみると・・・

恋愛・結婚運

独身の金星人プラスの人の場合、いくら大殺界だからといって、恋愛・結婚をことさらに無視して日々の生活を送ることはできないでしょう。

六星占術を信奉している人の中には、「大殺界だから」という理由で、何事にも消極的なふるまいに終始しようという人もいるようですが、世の中、六星占術を中心に回っているわけではないので、自分だけそういうものに振り回されることは合理的ではありません。

六星占術の運勢は、あくまで「プラスアルファ」に過ぎず、「プラスアルファ」の六星占術のために、大元の現実の生活を自ら損ねるようなことがあっては本末転倒です。

金星人プラスのあなたの2017年の恋愛運、結婚運ですが、六星占術上は大殺界にあるわけですから、六星占術をあてにしている限り、勇気づけられるような答えは見つからないでしょう。

男性も女性も、結婚を意識した恋愛を考えるなら、1年たりとも無駄に過ごすべきではありません。

2017年は、六星占術の運勢にあなたの方から見切りをつけ(でも、大殺界なので、控えめなふるまいは心がけましょう)、自分の成し遂げたい恋愛・結婚を勝ち取るべく、別のところからパワーを得るようにしましょう。

仕事運

現実とはなかなかスッキリと思い通りには回っていかないもので、2017年が「勝負の年」を迎える金星人プラスの人は、「何とかならないものかなあ・・・」と溜息をつきたくなるところでしょう。

2017年の運勢が「減退」な金星人プラスにとって、仕事運がよいはずはなく、六星占術の世界にどっぷりつかってしまえば、それこそ「減退」そのものの1年になってしまうでしょう。

でも、現実に存在するあなたの周囲の状況は、金星人が大殺界明けするのを待ってはくれません。

とはいっても、今さら大殺界であることを無視もできないでしょうから、大殺界であることを頭の片隅に入れて、とにかく、「まっとうなふるまい」に終始することを心がけ、その上で、「なりたい自分になる」ことや、「成し遂げたいことを成し遂げる」べく、六星占術以外のところからパワーをもらうことを考えるべきでしょう。