水星人プラス2016年(平成28年)の運勢

2021年1月23日

細木数子の六星占術・水星人プラスの2016年(平成28年)の運勢は、「再会」です。

今後3年間は好調期が続くことになります。

「再会」の解釈と心がまえ

水星人プラスの2016年の運勢「再会」ですが、「久々に誰かと会う」という意味だけでなく、「初めての出会い」という暗示でもあるようです。

そして、この「再会」は、人との出会いは勿論、人以外のあらゆる物事との出会いを意味する運勢で、この時期に出会った人、物事は、今後の人生において、大きな影響を与えることになるとされています。

(※詳しいことは、本家の細木数子師の本で是非、確認されることをお勧めいたします)

なお、「再会」の次は「財成」、その次は「安定」と好調が3期続くことになります。

運勢上は、今こそ、人生を謳歌すべき時期ということになりますので、もしも、「2015年まではぼんやり過ごしてしまったなあ・・・」なんて人は、この2016年は、ギアチャンジしたほうがよさそうです。

恋愛・結婚運

「再会」という2016年の運勢においては「出会い」がテーマになるわけですから、恋愛運、結婚運が悪かろうはずはありません。

特に、適齢期の人で、目下「彼氏・彼女いない系」の人にとっては、この2016年はまさに「チャンス」です。

人並みに人生経験を積んでしまうと、結婚というものに対して消極的な考えを持ってしまうかもしれませんし、そんなことから、恋愛がおっくうに感じてしまう人もいるかもしれません。

もしもあなたがそういう状態に陥っているのなら、もう一度、素直に誰かを愛することを思い出しましょう。

たとえあなたがどんなにしっかりしている人でも、人間、一人で生きていくことはできないものです。

あなたのそばにいることで、幸せを感じてくれる人は必ずどこかにいるはずです。

あなたが愛すべき人はそういう人なはず。

愛されることの本当の素晴らしさは、愛することによってはじめて感じることができるということを、この「再会」の運勢の今こそ体感しましょう。

仕事運・勉強運

2016年が「再会」の年になる水星人プラスの人にとって、この年の仕事運や勉強運はどのようなものになるのでしょうか?

仕事であれ勉強であれ、向上していく系の事柄については、本人の努力が最重要なことは勿論ですが、ただ、現実の社会とは残酷なもので、持っている力を発揮できずに終わってしまうということが、少なからず起こるものです。

そういった意味では、やはり「運」を軽んじてはいけません。

その点、「再会」という運勢が、水星人プラスのあなたの追い風になることは間違いないでしょう。

「再会」は出会いを暗示する運勢ですが、仕事や勉強というのは、ひとつの段階をクリアすることで、人や環境との出会いがあるものです。

せっかくの「再会」の運気。

漠然と仕事や勉強に打ち込むのではなく、「これを超えれば、新たな出会いが待っている!」とワクワクしながら目の前の課題をこなすようにしてはいかがでしょう?