天王星人プラス2017年(平成29年)の運勢~実践的解釈

2021年1月23日

細木数子の六星占術・天王星人プラスの2017年(平成29年)の運勢は、「健弱」です。

健康上の問題が露呈しがちな運勢・・・ということになりますが、大丈夫でしょうか?

健康上の問題は、いつだって・・・

現代人で、「いたって健康」と言えるような人はあまりいないようですよね・・・

そういう意味では、およそほとんどの人にとって、「毎年が健弱」みたいなものといえそうですが・・・

「健弱」は結果ではなくプロセス

では、天王星人プラスの2017年の運勢「健弱」はどう解釈すべきなのか?

運勢とは「結果」ではなく、「結果に至るまでのプロセス」と捉えるべきでしょう。

運勢は「運ぶ勢い」と書くわけですからね・・・

ですから、「健弱」とは、天王星人プラスの人が何かを成し遂げようとする時に邪魔をする一要素、と解釈すべきしょう。

「健弱」と聞いて、「自分の目標や願い事とは無関係」と思ってしまった人は、ここでもう一度、「運勢」という文字をよく眺め、自身の健康について意識する必要があるでしょう。

恋愛・結婚運

独身であるうちは、誰だって、恋愛や結婚に無関心ではいられないもの。

天王星人プラスの2017年の運勢が何であれ、恋愛願望、結婚願望がある人にとって、それを抑えつけることはできないでしょうし、抑えつけるべきではありません。

2017年の運勢が「健弱」だから云々・・・と消極的になるのではなく、恋愛や結婚に向かっていく気持ちを充実させることで、「不健康を吹っ飛ばす」くらいの気合が必要です。

事実、恋愛状態になると、人は免疫力が上がるということも言われていますからね・・・

恋愛・結婚への意識を高めることが最大の美容・健康効果をもたらす・・・「攻撃は最大の防御」というのが、天王星人プラスの2017年の心得ということになりましょう。

仕事運

恋愛・結婚運同様、「健弱」と闘う最大の方法は、受け身になるのではなく、攻めて攻めて攻めまくることで免疫力を増強し、もって不健康な要素をシャットアウトする・・・というのがやはりベストな選択ということになりましょう。

もっとも、恋愛とは違って、「仕事をしていれば免疫力が上がる」というものでもないでしょうから、本当に自分が打ちこめる仕事に就いているかどうか?

それをこの機会に再検討すべきでしょう。

「何かに我慢を強いられて、今、ここにいる」・・・なんて人の場合、どんなに健康に気を配ったところで、なかなか健康体を保つことはできないでしょう。

本当の健康は、心身の充実によって得られるものなわけですからね・・・

仕事上の問題がなかなか解決できないでいる場合、心の問題をずっと抱えながら、これからも過ごさなければならなくなります。

どこかで負の連鎖を断ち切る必要があるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク