「激やせ」川島なお美(天王星人プラス)は、上昇気運にある

2017年1月30日

2014年の1月に肝内胆管がんの手術を受けていたセクシー女優・川島なお美。

「手術後の5年生存率」が40%とも30%とも言われている中、2015年9月に、その激やせした姿の画像がネット上などで出回り、衝撃を与えている。

「余命何年?」などと心配する人がいても致し方ないとも思われるが、ここは六星占術の運勢を見て、勇気を持ってもらいたいところ。

スポンサードリンク

あの「失楽園」以降も順調に見えたが・・・

川島なお美といえば、
1997年のテレビ版失楽園で、
その妖艶な肢体を惜しげもなく披露し、
日本中の男性を虜にした。

天王星人の川島なお美のこの時の運勢は、
まさに荒稼ぎを暗示する「財成」であった。

そして、その12年後、
2009年の「財成」の年に、
パティシエの鎧塚俊彦と結婚。

大殺界中にがんを患う

結婚生活と女優業を両立させ、
充実した日々を送っていると思われた矢先、
大殺界「減退」の2013年に、人間ドックで腫瘍が発見される。

それが肝内胆管がんということが判明し、
大殺界明けの2014年の1月、手術を受けた。

大殺界は明けたばかり

このように、天王星人プラスの川島なお美は、
2013年まで大殺界で、2014年以降、上昇気運に入っている。

2015年は「緑生」、2016年は「立花」。

気になるのは、2017年の「健弱」だが、
ここで無理をしなければ、2018年は「達成」が待っている。

とにかく気持ちを切らさないこと。

そうすれば、2018年には「これが川島なお美だ」というものを見せることができるはずだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク