国分太一(木星人プラス霊合星人)、デスモイド腫瘍摘出~結婚へ

2017年1月30日

ジャニーズTOKIOの国分太一の結婚の話題がテレビでネットで新聞で取り上げられていますね。

最近、芸能界でめっきり減った「結婚記者会見」を律儀に行ったのも新鮮な印象を残しましたね。

そこで出てきた「デスモイド腫瘍」摘出手術と、その時に支えた彼女の存在。

この時の国分の運勢は大殺界でした・・・

スポンサードリンク

2009年と2015年の運勢

伝えられるところによると、
デスモイド腫瘍摘出手術を行ったのは2009年とのこと。

木星人プラス霊合星人の国分太一にとって2009年は、
ベースとなる木星人プラスの運勢が「陰影」で、
影響を受ける金星人プラスの運勢が「健弱」でした。

この時に支えてくれた彼女と6年後の2015年、結婚。

その2015年の運勢は、ベースの木星人プラスが「健弱」で、
影響を与える金星人プラスが「陰影」。

6年前と、ベースと影響が入れ替わる運勢ですね。

デスモイド腫瘍というのは、転移しない点でガンとは若干違うようですが、
おできである点に変わりなく、放置しておくと怖いものだそうです。

こういう状況に置かれると、人間、精神的にキツくなるものですが、
こんな時の愛する人の支えというのは、やはり、結婚につながりやすいものなのでしょうかね・・・

一般に、六星占術では、
「ネガティブ運気の時には結婚はしないほうがいい」などと言われますが、
勿論、このようなセオリーよりも、
現実的な「自然な流れ」のほうが尊いのは明らかで、
「六星占術上の運勢がよくないから、恋愛も結婚もできない~」なんて嘆く必要がないことを、今回、国分太一が証明してくれたような気がしますね・・・^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク