錦織圭(水星人マイナス)の2016年運勢

2021年1月14日

2015年は「達成」の運勢の下、自己最高の世界ランク4位にまで達し、アジア人初の生涯獲得賞金1,000万ドル突破を果たした。

特に、ロジャースカップ準々決勝で、過去対戦成績7戦全敗だったラファエル・ナダルにストレート勝ちしたことは、錦織の実力が手厚くなったことを証明するものだったといえる。

ただ、その後、2014年度準優勝だった全米オープンで、まさかの初日敗退を喫し、「達成」の年らしからぬ結果を招いたことが悔やまれる。

2016年は「乱気」という、不確定要素に悩まされがちな運勢とも闘うことになる。